製品ご紹介

レンズ内面反射防止塗料 GT-7

1. 概要

内面反射の徹底除去によりレンズの究極性能を引き出すための塗料。

  ゴーストやフレアの原因となる乱反射光。高い光学性能を実現するためには、レンズに施されるコーティング処理だけでなく、レンズ鏡筒内部における複雑な反射光の処理も重要なポイントとなります。
  反射防止塗料はレンズを保持する嵌合面や斜面に塗布され、レンズ鏡筒から外へ出ようとする、もしくは中へ入ろうとする反射光を防ぎます。
  GT-7は超微粒子高屈折材料を使用しており、屈折率はガラスより高く、反射を抑える効果は絶大です。

( 特徴 )

  1. 二液性
  2. 高屈折率のガラスにも有効
  3. ガラスに対する高密着力
  4. 熱衝撃、高温、高湿など環境変化への対応性
  5. 優れた耐熱性
  6. 超音波洗浄にも耐えられる
  7. 無処理ガラスの10%以下の反射率を実現
  8. 専用シンナーで希釈可能
  9. 塗膜硬度は2H
  10. 常温24時間で完全乾燥

( 用途 )

  1. 精密光学系のレンズ端面、溝における反射光防止
  2. 反射率測定試料の裏面反射防止
  3. ディスプレイ装置のバックグラウンド
  4. プリズムにおける不要な面反射の防止
  5. 眼鏡レンズなどにおける端面の反射防止

2. レンズ内面反射の模式図



  レンズから入射した外光(緑の線)はレンズ端面で乱反射します。ここで生じた乱反射光(赤の線)は、レンズ後部に向かって進行するため、像にゴーストやフレアを引き起こし、コントラストの低下などを招きます。

3. 内面反射率測定結果



  GT-7は、粒子が分子オーダーまで分散する染料を使用しているため、均一な光吸収体の形成が可能です。大きな粒子成分を使用している塗料では難しい高屈折ガラスでの内面反射防止にも、充分な効果を発揮します。



( お問い合わせ先 )

〒190-0023 東京都立川市柴崎町3-14-7 マロンハイム105号
プリンス貿易株式会社
TEL: 042-519-3951
FAX: 042-524-0203


       * お問い合わせは、電話もしくはファクシミリにてお願いいたします。